職員インタビュー | 札幌の訪問看護なら白ゆり

Recruit

採用情報

職員インタビュー

interview

訪問看護は責任があるけれど、
その分やりがいも
すごくある仕事。

  • 出身地

    札幌市

  • 役職

    サブリーダー、理学療法士

  • 職務内容

    訪問リハビリ、管理業務

従業員プロフィール画像

T.M

Takaya Motoki

Q.訪看に興味を持ったきっかけ

前働いていたところが病院だったのですが、元々地域の方に寄り添ったリハビリなどをしたいと思っていて、デイサービスなど集団でのリハビリもありますが、個々に寄り添ったリハビリをしたいと思ったので訪問看護がいいかなと思いました。

Q.白ゆりで働いて嬉しかったことや、やりがいを感じた事

訪問看護でお伺いさせていただき、「歩けるようになったよ」とか「良くなったよ」と言われるのがすごい嬉しいですし、それが一つのやりがいかなと思います。
1週間に1回とか2回でも変化を感じることができるので、そこが凄いおもしろいと感じます。
病院では、院内での変化を感じることができても、退院した後は実はできていなかったとか、建前でお話しされていた部分もあったと思うので、家でリハビリを行えるというのはメリットかなと思います。

Q.職場の雰囲気や人間関係

すごく雰囲気が良くて話しやすいです。
年齢・経験・職種など関係なく本当に話しかけやすいです。
上司にも気軽に話しかけられるので働きやすい職場です。

Q.福利厚生の中で一番気に入っているもの

いろいろありますが、賞与の面で頑張った分だけ評価してもらえるところがいいなと思います。
認めてもらえているなと感じることができます。

Q.今後の目標(または将来の目標)

理学療法士協会の認定理学療法士というのがあるのですが、地域の認定理学療法士もあり、その取得を長期的にはしたいと思っています。
短期的には、訪問看護で働いてまだ一年なので、訪問看護の知識をもっと増やしていきたいなとは思います。
病院にいた時は、体調の面などお医者さんや看護師さんに頼ることができましたが、訪問看護に携わる上で看護師の知識も増やしていく必要があるなと思っています。

Q.白ゆりが今後さらに発展するために必要だと思う事

事業所が増えて、新しい人も増えていくなかで、皆さん病院から転職してくる人が多いですが、訪問看護が初めてという人が多いので、そういった意味では、訪問看護に関する知識を各自増やしていき、職場として情報共有していくことが大事だと思っています。
いろいろな経験をしてきた人がいるので、経験してきた得意分野などを共有してくれることで、専門職としてもスキルアップできますし、訪問看護としての質も上がり、白ゆりの発展につながると思います。

Q.白ゆりが優れていると思うところ

いろいろありますが、人の良さというところが一番だと思います。
白ゆりの理念にもありますが、笑顔というのが皆さん良くて、スタッフ同士でおもいやりがあり、それが仕事や人間関係など全ていい方向に進んでいると思うので、笑顔というのが白ゆりのひとつの優れた特徴なのかなと思います。

従業員インタビュー画像

Q.訪問看護をやって気付いた事

病院とは違い、皆がそれぞれ外に出ているので電話連絡が多いなと思っています。
電話対応には慣れていないですが、これから経験していく上でスキルにもなっていく部分だと思っています。
電話では、表情とかがわからないので言い方に気をつけたりしていて、そういったことも勉強になるのかなと思います。

Q.休日の過ごし方や趣味

一番の趣味はゲームです。
小学校から専門学校まで野球をやっていたので体を動かすことが好きです。
劇団四季のミュージカルやディズニーランドに行くことも好きです。
子供が2人いるので、家族で公園に行くなどして休日を過ごしています。

Q.求職者へのメッセージ

訪問看護は責任がある仕事ですが、その分やりがいもすごくあって、訪問時は基本一人なのですが、電話ですぐ相談できる上司がいたり、事務所に戻れば一緒に働いている仲間もいるので、安心感はあるかなと思います。
訪問看護が初めてでも一緒に相談したり、他のスタッフが持っている知識を教えてもらったりして、お互いが高めあっていけたらいいかなと思っているので、白ゆりで是非一緒に働きましょう。