職員インタビュー | 札幌の訪問看護なら白ゆり

Recruit

採用情報

職員インタビュー

interview

安心しながら仕事ができる環境が
間違いなくあります。

  • 出身地

    函館市

  • 役職

    看護師

  • 職務内容

    訪問看護

従業員プロフィール画像

M.T

Moeka Tanimichi

Q.訪看に興味を持ったきっかけ

私が最初に働いていた病院で、療養期・終末期の方が多くて、お家に帰ってからどう過ごすかまで関わって看護をしていたのですが、病院だと病院の中のことしかわからなくて、実際に退院してからどういう生活をしているのかを見てみたいというところから興味を持ちました。

Q.白ゆりで働いて嬉しかったことや、やりがいを感じた事

皆さんお家での生活する上で、体調などに不安を感じている方が多いです。
そこで、私が訪問するだけで「心強いです」と言ってもらえたり、アドバイスを実践して良くなったりすると感謝してもらえることが嬉しいですし、やりがいも感じます。

Q.職場の雰囲気や人間関係

職場の雰囲気はすごくいいです。
みんないい人で相談もしやすいですし、何かあったら相談してやりましょうというのが強いという職場なので、すごく助けられています。

Q.福利厚生の中で一番気に入っているもの

自分の車を使って訪問していますが、ガソリン代として支給される手当が比較的高いのでそれが大きいかなと思います。
私達の意見が取り入れられ、土日のオンコール対応の手当が2,000円になったこともモチベーションが上がります。

Q.今後の目標(または将来の目標)

訪問看護をはじめて一年以内ですが、もっと訪問看護をするにあたって、制度や疾患などの知識をつけて、もっと経験を積んで吸収して、白ゆりや利用者様のために役立てていきたいと思います。

Q.白ゆりが今後さらに発展するために必要だと思う事

白ゆりに来て初めて訪問看護をするという方が多いのですが、病院などの経験があることは強みでもありますし、今後在宅訪問看護リハビリの仕事の経験を積んでいけばより良くなれると思うので、みんな同じ気持ちで継続して発展していければいいなと思います。

Q.白ゆりが優れていると思うところ

私達の意見を聞いてくれて、それを反映させてくれるところです。
月に一度、看護師会議が開かれており、そこでみんなの悩みなどを共有することで、入ったばかりのスタッフが働きやすいようにしてくれたりしています。
その時の状況に応じて対応してくれる会社だなと思います。

従業員インタビュー画像

Q.訪問看護をやって気付いた事

スタッフによって差がありますが、緊急時のオンコール対応での出動は、私は多い方です。
しかし、トータルで見ると週一回程度で、鳴らない時は2週間くらい鳴らないので、他社に比べるとかなり少ないと思います。
病院の看護と訪問看護では、違う仕事に就いたくらいの違いを感じています。
病院だと病院のスケジュールやペースで進めなければいけませんが、訪問だと利用者様のスケジュールとペースに合わせて進めていくので、そこは大きく違うと思います。

Q.休日の過ごし方や趣味

ランチ、買い物、ゲームなどをして過ごしています。

Q.求職者へのメッセージ

私も訪問看護は初めてで、最初は不安もあったんですが、皆本当にいい人で、安心しながら仕事ができる環境が間違いなくあります。
少しでも興味があるのであれば、ぜひ来ていただいて一緒に頑張れたらと思います。