職員インタビュー | 札幌の訪問看護なら白ゆり

Recruit

採用情報

職員インタビュー

interview

ご家族様・ご利用者様からの
「よかった」「嬉しい」を
頂けるのが嬉しい。

  • 出身地

    余市町

  • 役職

    所長、看護師

  • 職務内容

    訪問看護、管理業務

従業員プロフィール画像

R.Y

Rie Yamaguchi

Q.訪看に興味を持ったきっかけ

前職はデイサービスでパートとして働いていました。
その時に初めて病院ではないところに務めて、在宅看護の実情を知る機会がありました。
入院しないで在宅で過ごしたいという方が多かったため、デイサービスではなく、訪問看護としてやってみたいと思ったことがきっかけです。

Q.白ゆりで働いて嬉しかったことや、やりがいを感じた事

訪問看護は、ご家族様とじっくりと関わることが多いです。
病院では仕事に追われてなかなかそういった機会を作れなかったのですが、訪問看護では一人ひとりに時間を割いてゆっくりと関わることができ、人と関わることが好きな私に向いていると思いました。
そこで、ご家族様や利用者様から「よかった」とか「嬉しかった」と言っていただけることが嬉しいです。

Q.職場の雰囲気や人間関係

白ゆり全般そうですが、私がいる新さっぽろでも、お互いを気遣えたりとか、優しい子が多くて、困った人がいたらみんなでサポートし合う環境です。
お互いに興味を持ち、何かあったらすぐに気付いて助け合える関係です。

Q.福利厚生の中で一番気に入っているもの

健康診断を受けさせてくれるところとか、時間外手当がしっかりつくのが他社よりも恵まれていると思います。

Q.今後の目標(または将来の目標)

自分自身の技術や知識の向上はもちろん、所長になったので、人材育成や新しい人たちの教育に力を入れ、ステーション全体がレベルアップできるようにやっていきたいと思っています。

Q.白ゆりが今後さらに発展するために必要だと思う事

訪問者数・利用者数が増えており、地域貢献度が上がってきていますが、その分一人ひとりへの対応を以前と同じようにするのが難しくなっていきます。
会社が大きくなってもサービスの質を落とさず、利用者様のお困りごとをサポートしていくことが大事だと思います。

Q.白ゆりが優れていると思うところ

看護師だけではなく、リハビリスタッフが看護師より多く在籍しているため、お互いに苦手な部分をカバーし合いながら連携していけるところが良いところだと思います。

従業員インタビュー画像

Q.訪問看護をやって気付いた事

訪問看護は、技術も大事ですが、アセスメントする力やコミュニケーション能力がとても大事だと思いました。
そこが通常の看護とは違うところだなとも感じています。

Q.休日の過ごし方や趣味

お酒、特にワインを飲んで一日の疲れを癒しています。

Q.求職者へのメッセージ

訪問看護の経験がなくても、一緒に仕事をしていくうちに技術は身につくと思いますので、安心して来てほしいと思います。
また、人が好きで訪問看護のような仕事が少しでも向いていると思う方は、怖がらずに来ていただきたいと思っております。